弁護士法人ALGが誇る医療専門チーム | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

メニュー(タッチして展開)

弁護士法人ALGの医療専門チームとは

ALGの医療専門チームとは

医療専門チームとは、医療事件を専門的に取り扱う弁護士によって構成されているチームです。

弁護士法人ALGがこのような専門チームを創設した理由は、医療事件を取り扱う弁護士の専門性を強化するためです。

日本国内の伝統的・典型的弁護士事務所は、多くの取扱い分野を持つゼネラリストの弁護士で構成されており、どの分野においてもスペシャリストの養成が遅れていました。

特に専門性が高く、多くの弁護士にとって敷居も高い医療紛争の分野での専門性の遅れは甚だしいと言えます。

医療裁判で医療機関側の弁護士と互角に議論できる弁護士はごく一部の少数派にとどまるばかりか、弁護士事務所が一丸となって医療事件の専門性強化に組織的に取り組んできた例は皆無に等しいとさえ言える状況が続きました。

そこで、弁護士法人ALGは、そのような状況を打破するため、他の弁護士事務所・法律事務所に先駆けて、医療事件を専門的に取り扱うチームを創設しました。

医療専門チームに所属する弁護士は、所内で実施される解剖生理学試験に合格し、医療判例研究会、臨床医学の勉強会などの各種研修に参加することが義務づけられております。

また、医療専門チーム所属の弁護士のうち、東京弁護士会の会員弁護士については、同弁護士会が設置する法律研究部のひとつである医療過誤法部に所属することも義務づけられています。

さらに、医療専門チームに所属する弁護士の全てが、将来、大学院の医学研究科博士課程に進学し、医学博士の学位を取得することも推奨されております。

現在、数名の所属弁護士が、医学研究科博士課程に在籍しております。

医療専門チームに所属する弁護士は、850冊に及ぶ医学専門書が取り揃えてある恵まれた執務環境で医療事件に専念しており、日本国内では、医療事件の分野で優れた実績を上げている有数の弁護士事務所に育っております。

医療事業部所属の弁護士紹介

東京本部・代表弁護士【所属:東京弁護士会】

金﨑 浩之

Hiroyuki Kanezaki

医療事件は多くの弁護士が苦手とし、経験がある弁護士でさえ年間で数件程度というのが日本の法曹界の実態です。

弁護士経験30年でも医療事件の経験は20件未満という弁護士も少なくありません。そこで、私たちは、医療分野に特化した部署を創設し、所属弁護士が医療問題に専念できる環境を整えました。

我が医療事業部では、入所初年度から解剖生理学などの医学的知見を獲得する研修を実施するとともに、東京弁護士会の医療過誤法部に所属させ、医療判例の修学に努めています。

専門性が高い医療事件は、是非私たちにお任せ下さい!

東京本部・弁護士【所属:東京弁護士会】

佐久間 明彦

Akihiko Sakuma

私が医療事件に本格的に取り組み始めたのは、平成21年、今から6年前になります。

初めて医療訴訟を提起する前には、専門書を何冊も読み込んだ上で臨みました。専門書といっても、医学書ではなく、医療訴訟の訴状の書き方や審理の進め方に関するものです。それは、一般的な民事訴訟とは異なる医療訴訟特有の訴状の論理構成や尋問・鑑定等の手法があったからです。

しかし、いざ始めてみると、それ程構える必要はなかったような気がします。要するに、我々弁護士の仕事は、判断権者である裁判所にどれだけ説得的な論述を展開し、裁判官を「なるほど」と納得させるかにかかっているのです。その点で、医療事件は、殆どの裁判官が医学的知識のないズブの素人というところに特徴があります。他の事件は、法律の専門家である裁判官が元から相当の知識経験を有しています。それゆえ、医療訴訟は、素人に対して、一からわかるように説明する作業が要求されるのです。

これは、初歩的な知識から書面化せねばならないという大変さがある反面、何の知識、偏見もない白紙状態の人間に対する説得であるがゆえ、立証活動さえ成功すれば、勝訴に導きやすいという側面もあるのです。現に、私はこれまで医療訴訟に限っては、勝率8割を超えています。他の民事事件はそうはいきません。もっとも、患者側の弁護士は、医学的知識をその都度、勉強して自分のものにしてからでないと、医療機関相手に戦えるものではありません。この基礎ごしらえに相当な時間を費やすこととなります。

しかし、それこそ、患者側弁護士は、その疾患に関しては、本当に医学書の隅から隅まで勉強して詳しくなりますから、臨床の場に多くの時間を割かざるを得ない相手方医師より、知識的に勝るという現象も起きてくるのです。もちろん、それは対象となる疾患限定の話ですが、こと医療訴訟においては、ほぼ一つの疾患に範囲を限った紛争ですから、それで十分なのです。

千葉支部・弁護士【所属:千葉県弁護士会】

金﨑 美代子

Miyoko Kanezaki

医療事件は、弁護士が取り扱う分野の中でも特に専門性が高く、しかも社会問題としてしばしばマスコミでも大きく報道される場合もある分野です。だからこそ、医療問題に強い弁護士に依頼すべきだと考えます。不幸にも亡くなられたご家族や重大な後遺症を抱えて生きていかなければならないご家族のために、また同じような不幸な事件を起こさないために、大きな使命を担っていると痛感しています。

東京本部・弁護士【所属:東京弁護士会】

井内 健雄

Takeo Inouchi

私は、当法人に入所以来、医療関連の法務を専門に取り組んでいます。

医療過誤でご相談に来られる方は、私たちにとって一番大切な「健康」を傷つけられてしまったことに特徴があります。また、医療の特殊性として、医療ミスなのかどうかもよくわからない、他の事務所で断られた等様々な方が依頼者となっています。私は、このような方々のお力になりたいと日々取り組んでいます。

取り扱った事件数(医療案件)は100を超えています。また、現在進行中の案件も数十件あります。このように、経験を積むことによって、お客様に一番妥当な解決策を模索できると考えます。

東京本部・弁護士【所属:東京弁護士会】

岡本 祐司

Yuji Okamoto

およそ医療は、人の生命、身体、延いて精神という根源的な価値を左右する貴い営みです。それだけに、患者側の抱く期待は重大であり、医療者が負う職責は重大です。

「よき政治」が適度な緊張関係の下にこそ実現されるのと同様に、「よき医療」も適度な緊張関係の下にこそ実現されるものでしょう。私はそう確信しています。

ところが現実がどうかといえば、医療者と患者側の間には著しい格差・優劣があり、「適度な緊張関係」が保たれていないのが実情です。それは患者側が無力であり、患者側を支える有能な弁護士が少ないからです。

このような状況にあって、私は、日々、多くのカルテを読み、多くの医学書を読み、多くの医師の話を聞くなど、断えず研鑽を積んでいます。相談件数は既に数百件を超え、目下処理中の事件(医療調査、証拠保全、交渉、調停、訴訟など)に限っても五十件を超えます。

ともあれ、丁寧な事件処理と専門性の高さには自負がありますので、ひとまず法律相談にお越しください。

大阪支部・弁護士【所属:大阪弁護士会】

浅田 有貴

Yuki Asada

私は、大阪支部において医療過誤事件を取り扱っています。

私の机まわりには、六法と、これまで取り扱ったことのある傷病・医薬品の資料と関連裁判例の情報について調べまとめたファイルが、診療科目ごとに現在16冊立ててあります。私は医師ではありませんが、医療を扱う弁護士です。ご依頼者様に対してわかりやすく、医師に対して果敢であれるよう、常に勉強しております。

内分泌科・血管外科・麻酔科のような、皆様にとって比較的受診機会が少ないと思われる診療科でも、私の机にはファイルが立っています。

これは医療過誤ではないのだろうか・・・。

少しでも不安や疑問を抱えている方は、是非一度、私にご相談ください。

関連記事

850冊を超える医学文献 過去の取り扱い症例

医療事故解決相談メニュー