医療裁判とはどのようなものか | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

メニュー(タッチして展開)

医療裁判とは

医療裁判とは

医療裁判とは、医師を含む医療従事者の医療行為に関連する過失により患者さんが死亡したり、重篤な後遺症を残したりするなどの損害が生じた場合に、患者さんまたはその遺族が医師または/および医療機関を相手取って起こす裁判を指します。

すなわち、医師の手技ミス、診断ミスなどの医療行為に関連して、患者さんを死亡させるなどといった重大な結果を生じさせた場合に、患者さん側が起こす裁判です。

したがって、医療機関を相手取って起こされる裁判であっても、医師などの医療従事者の医療行為と関連しないものは、医療裁判とは呼ばれません。

典型的には、医療機関で勤務する労働者が不当解雇されたとして、勤務先である医療機関を相手に提訴する場合などがあります。

また、患者さんが提訴する場合であっても、医療行為に直接関連しなければ、医療裁判とは言いません。

例えば、患者さんがベッドから転落して骨折したり、入院患者が食事中に誤嚥して窒息死した場合などです。

このような事故は、医療行為上のミスというよりは、病院内の管理監督上の責任に関わる問題なので、医療裁判とは呼ばれないのです。

要するに、医療裁判とそれ以外を区別するポイントは、裁判上の重要な争点が医学論争になるか否かにあるといってよいと思います。

病院に勤務する人が不当解雇を理由に病院を提訴する裁判は、基本的に通常の労働裁判と異なりません。

また、ベッドからの転落事故や食事中の誤嚥なども医療行為に付随して発生したものではあるかもしれませんが、基本的に裁判で医学論争にはなりにくいです。

ただ、誤嚥で窒息死した場合などには、因果関係の有無をめぐって若干医学論争になることもありますので、そのような場合には医療事件に強い弁護士を選んだ方がよいかもしれません。

関連記事

医療裁判が難しい理由

医療事故解決相談メニュー