【医学知識】癌(がん)についての知識 | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

メニュー(タッチして展開)

がんの治療

抗がん剤

抗がん剤と聞けば、医療関係者でなくても思い浮かぶのは副作用です。

嘔吐、下痢、脱毛はもとより、白血球や血小板の著しい減少など、重篤な副作用を引き起こすこともまれではありません。「抗がん剤」記事全文>>

がんの転移

がんの種類により予後に差異はありますが、一般的に遠隔転移があれば腫瘍径のサイズや所属リンパ節転移の有無を問わず、ステージⅣ以上に分類され、予後不良とされています。「がんの転移」記事全文>>

放射線治療

放射線療法には放射線照射による被爆の問題がありますが、それ以外にも医療機関の責任を問う上で難しい課題がいくつかあります。「放射線治療」記事全文>>

がんの見落とし

早期に発見して適切な治療に着手することができるかどうかが患者の生命予後を左右すると言っても過言ではありません。「がんの見落とし」記事全文>>

説明義務違反

主治医から各治療方法のメリット・デメリットが正確に示されたうえで患者側が治療方法を選択しているとは必ずしも言えないのが現状です。「説明義務違反」記事全文>>

がんもどき

がんもどきをがんと誤診し治療行為を行ってしまったのだから当然に医療過誤になるとは言い切れないことが問題を難しくしています。「がんもどき」記事全文>>

がんの種類

食道がん

飲酒で顔が赤くなるのは、アルデヒド脱水素酵素の酵素活性が低いためである。

このような者が常習飲酒を行うと、食道がんを発症するリスクが極めて高くなる。「食道がん」記事全文>>

甲状腺がん

[乳頭がん]甲状腺がん全体のうちの約85%~90%(最多)。男女比は1:5。好発年齢は30歳~50歳。「甲状腺がん」記事全文>>

肺がん

肺がんのうち、最も多いのは腺がんで肺がん全体の約50%を占める。

その次に多いのは扁平上皮がんで約30%、その次は小細胞がんで約10%、大細胞がんを含むその他の肺がんが約10%となっている。「肺がん」記事全文>>

乳がん

乳管や小葉上皮から発生する悪性腫瘍。

乳管由来のものを乳管がん、小葉上皮由来のものを小葉がんという。「乳がん」記事全文>>

胃がん

がんによる死亡のうち、男性では肺がんに次いで第2位、女性では大腸がん、肺がんに次いで第3位。60歳代男性に多い。「胃がん」記事全文>>

大腸がん

日本では家族的遺伝による大腸がんが一定程度あり(5%~10%)、その場合は90%の高率で大腸がんを発症する。「大腸がん」記事全文>>

肝がん

肝がんとは、一般的には肝細胞がんをさす。

肝細胞がんは、原発性肝がんの約94%を占め、肝内胆管がん(胆管細胞がん)は約4%にすぎない。「肝がん」記事全文>>

子宮頚がん

子宮頸がんの発がんは、細胞の異形成→上皮内がん→微小浸潤がん→浸潤がんという多段階で発がん・進行する。「子宮頚がん」記事全文>>

子宮体がん

Ⅰ型:エストロゲン刺激によって子宮内膜増殖症を経て発症する。

Ⅱ型:エストロゲンと無関係に発症する。子宮内膜増殖症は認めない。「子宮体がん」記事全文>>

前立腺がん

主に前立腺外腺に発生する悪性腫瘍で、男性ホルモン依存性に増殖する。「前立腺がん」記事全文>>

卵巣がん

エストロゲン産生性で閉経前後再女性化を来したり、アンドロゲン産生性で若年女性が男性化症状を来すことがある。「卵巣がん」記事全文>>

膵がん

膵管上皮に発生する原発の腫瘍のうち、浸潤性の膵管がんを指す。

膵がんは、上皮性腫瘍のうちの外分泌腫瘍である。「膵がん」記事全文>>

胆道がん

胆道がんは低率であること、予後が悪いことから疫学的には解明されていないことが多い。「胆道がん」記事全文>>

医療事故解決相談メニュー