【癌(がん)の種類】胃がん | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG

メニュー(タッチして展開)

胃がん

がんの治療 胃がん

胃がんの定義

胃の上皮(大部分が腺上皮)に発生する悪性腫瘍

疫学

  • がんによる死亡のうち、男性では肺がんに次いで第2位、女性では大腸がん、肺がんに次いで第3位
  • 60歳代男性に多い。
  • 若年層では女性の頻度が高い。
  • 組織学的にはほとんどが腺がんである。
  • 早期胃がんが、胃がん全体の半数以上を占める。

病期分類

Ⅰ 早期がん、進行がんの分類

早期がん、進行がんの区別は、腫瘍の胃壁への深達度で決められる(腫瘍の大きさやリンパ節転移の有無は問わない)

  1. 早期癌 0型 表在型 軽度な隆起・陥凹
  2. 進行癌(Borrmann分類)
Ⅰ型

腫瘤型 胃内腔への限局的隆起

Ⅱ型

潰瘍限局型 周堤を伴う限局性潰瘍

Ⅲ型

潰瘍浸潤型 周堤が崩れ浸潤を伴う潰瘍

Ⅳ型

びまん浸潤型 胃壁の肥厚・硬化を特徴とし境界不明瞭

Ⅴ型

分類不能

Ⅱ TNM分類

T分類は壁深達度による

T1 がんが胃の粘膜(M)又は粘膜下層(SM)にとどまる。

T2 がんの浸潤が粘膜下層を超えているが、固有筋層(MP)にとどまる。

T3 がんの浸潤が固有筋層を超えているが、漿膜下層(SS)にとどまる。

T4 がんの浸潤が漿膜表面に接しているか、又は露出、あるいは他臓器に及ぶ。

N分類(リンパ節転移)

N0 領域リンパ節

N1 領域リンパ節に1~2個の転移を認める。

N2 領域リンパ節に3~6個の転移を認める。

N3 領域リンパ節に7個以上の転移を認める。

M分類(遠隔転移)

M0 領域リンパ節以外の転移を認めない。

M1 領域リンパ節以外の転移を認める。

関連記事

【がんの治療】がんの見落とし

医療事故解決相談メニュー