【医学知識】妊娠についての知識 | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

メニュー(タッチして展開)

妊娠の基礎知識

妊娠の基礎知識

妊娠の早期診断は、①胎盤組織から分泌されるhCGの尿中への出現を検査する方法、②基礎体温の高温相の推移から診断する方法、③超音波検査により診断する方法が一般的です。「妊娠の基礎知識」記事全文>>

分娩の基礎知識

正常な分娩とは、①妊娠37週から41週6日に自然に陣痛が起り、②胎児が形質的に前方後頭位で出産され、③分娩所要時間が初産婦で30時間未満、経産婦で15時間未満、④母子とも経過良好である場合を言います。「分娩の基礎知識」記事全文>>

妊娠・分娩にかかわる医療事故の具体例

微弱陣痛と陣痛促進剤の投与

分娩遷延の場合、対応策として、子宮収縮剤を投与して人工的に陣痛を促進させることがあります。「微弱陣痛と陣痛促進剤の投与」記事全文>>

胎児が骨盤位の場合の分娩と…

骨盤位とは、胎児の先進部が後頭部ではなく骨盤部となる胎位をいいます。いわゆる逆子です。「胎児が骨盤位の場合の分娩と…」記事全文>>

鉗子分娩の手技と医療過誤

分娩所要時間が初産婦で30時間を、経産婦で15時間を超えると、遷延分娩の状態=難産となります。「鉗子分娩の手技と医療過誤」記事全文>>

常位胎盤早期剥離と胎児の死亡

妊娠20週以降で、正常位置付着胎盤が胎児娩出以前に胎盤の組織又は血管の一部に破綻をきたし、出血により子宮壁から部分的又は完全に剥離し、重篤な臨床像を呈する症候群をいいます。「常位胎盤早期剥離と胎児の死亡」記事全文>>

羊水塞栓症を原因とするDICと…

羊水塞栓症とは、羊水成分が母体血中に流入し、急性呼吸循環不全をきたす疾患或いは症候群をいいます。「羊水塞栓症を原因とするDICと…」記事全文>>

帝王切開術後の出血性ショック…

帝王切開術とは、急速遂娩の方法の1つであり、子宮壁を外科的に切開して胎児を娩出させる方法をいいます。「帝王切開術後の出血性ショック…」記事全文>>

出産後の問題である「核黄疸」

大半は胎内生活から、胎外生活への適応過程で一時的に生じる生理的なもので、出生後約1週間後には、黄疸も徐々に消失していきます。「出産後の問題である「核黄疸」」記事全文>>

医療事故解決相談メニュー