大阪の医療過誤・医療ミスの弁護士相談は経験豊富な弁護士法人ALG&Associatesへ

メニュー(タッチして展開)

医療ミスに強い大阪の弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG大阪支部の受付
弁護士法人ALG大阪支部の外観

医学博士率いる医療チームが対応
医療事故のご相談は弁護士法人ALGへ

0120-336-709

24時間・年中無休で受付

大阪支部メッセージ

大阪支部長 弁護士 長田 弘樹(大阪弁護士会 所属)

弁護士法人ALG大阪支部長 弁護士 長田 弘樹

弁護士法人ALG は医療過誤・医療事故分野を専門に取り扱う医療事業部を有しており、極めて多数の事件の経験があります。

弁護士法人ALG&Associatesでは、医療過誤・医療事故分野を取り扱っており、大阪支部には医療事故専属のスタッフが、東京本部には医療過誤・医療事故分野を専門に取り扱う医療事業部を有しています。
病院のミスによって重大な後遺障害が生じたり亡くなられたりすることは大変不幸なことです。しかも、医師が法的な責任を素直に認めないケースも多いため、患者様やご遺族は医師がミスを認め適切な対応を取ってくれるのか、また適切な賠償を受けることが出来るのかどうか、大変不安な状態におかれます。

このような状況の中で、患者様やご遺族に相当な金額の賠償を受けて頂くためには、弁護士が医療過誤を起こした病院とは関係のない医師と協力して、医学と法律の両面から十分に調査を尽くす必要があります。当事務所は極めて多数の医療過誤・医療事故事件の経験を有しており、関東や関西の多数の医師の協力を得ることが出来るため、事案ごとに適切な協力医を探すことが出来ます。

大阪支部では大阪、京都、神戸をはじめ、近畿圏内、中国地方、四国地方の医療過誤のご相談に対応しております。

また、訴訟追行中には、カルテを十分に読み込んで、病院側の反論に対して互角以上に議論を戦わせる必要があるため、医療事件を扱う弁護士には医学的知見を習得することが求められます。大阪支部の弁護士は、年間約50件の医療過誤事件を取り扱っています。これは、一般的な弁護士事務所では考えられない件数です。また、患者側弁護士の研究会である医療問題研究会に参加することで、外部の医師や弁護士とも共同して日々研鑽しています。
医療訴訟は、専門的分野であり、弁護士であれば誰でもできるというものではなく、十分な知識を有する弁護士に依頼する必要があります。

大阪支部では西日本全域の医療過誤事件を取り扱っていますので、大阪、京都、神戸の方や近畿圏内(大阪、兵庫、京都、滋賀、和歌山)の方だけではなく、中国地方(広島、岡山、山口、鳥取、島根)、四国地方(香川、徳島、愛媛、高知)の方も是非一度ご相談ください。

大阪支部の所在地

〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビルディング801

大阪支部へのアクセス

大阪市営地下鉄 谷町線『東梅田駅』7番出口より徒歩3分
大阪市営地下鉄 四つ橋線『西梅田駅』より徒歩3分
JR東西線『北新地駅』より徒歩3分
阪急線、阪神線、大阪市営地下鉄線『梅田駅』より徒歩5分
JR線『大阪駅』中央口・東口(阪急梅田本店出口側)より徒歩6分

医療事故解決相談メニュー