埼玉の医療過誤・医療ミスの弁護士相談は経験豊富な弁護士法人ALG&Associatesへ

メニュー(タッチして展開)

医療ミスに強い埼玉の弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG埼玉支部の受付
弁護士法人ALG埼玉支部の外観

医学博士率いる医療チームが対応
医療事故のご相談は弁護士法人ALGへ

0120-336-709

24時間・年中無休で受付

埼玉支部メッセージ

埼玉支部長 弁護士 那賀島 八起(埼玉弁護士会 所属)

弁護士法人ALG埼玉支部長 弁護士 那賀島 八起

医療過誤訴訟は専門性が高く、医療訴訟で医療機関と互角に渡り合える弁護士はごく一部の少数にとどまる状況です。

医療過誤訴訟は、医師を含む医療従事者の医療行為のミスや医療事故によって患者様が死亡してしまった場合や、後遺症を残してしまった場合等に、医療従事者や医療機関を相手取って起こす裁判です。医療訴訟は、医療に関する専門性が高く、医療ミスや事故が生じたことを患者様側が立証しなければなりません。そして、医療ミスや医療事故を証明するために不可欠なカルテや看護記録等の証拠は、病院側にあります。そのため、患者様だけで、証拠を入手することは、困難といえます。

埼玉県における病院及び一般診療所の数は、さいたま市、熊谷市、越谷市といった大都市を中心に4000を超えており(平成26年度埼玉県保健統計年報)、医療ミスや医療事故の危険性と隣り合わせの地域と言っても過言ではありません。
しかし、上記の通り、医療過誤訴訟は、専門性が高いことから、一般的な弁護士は敬遠しがちな分野といえます。そのため、医療訴訟で医療機関と互角に渡り合える弁護士はごく一部の少数にとどまる状況です。

埼玉支部では、患者様やそのご家族を支援できるよう、東京本部の医療事業部と連携して医療事件に取り組んでおります。

そこで、弁護士法人ALG埼玉支部では、医療ミスや医療事故で苦しまれている患者様やそのご家族を支援できるよう、東京本部の医療事業部と連携しつつ、外科手術やインプラントのミス、死亡事故等の医療事件に取り組んでおります。
カルテや看護記録などの証拠保全は一刻を争う可能性もあります。医療ミスや医療事故でお悩みの方、現在の治療に疑問を持っている方は、弁護士法人ALG埼玉支部にご相談下さい。

埼玉支部の所在地

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-25 イーストゲート大宮ビルB館4F

埼玉支部へのアクセス

各線『大宮駅』東口より徒歩5分

医療事故解決相談メニュー