横浜の医療過誤・医療ミスの弁護士相談は経験豊富な弁護士法人ALG&Associatesへ

メニュー(タッチして展開)

医療ミスに強い横浜の弁護士法人ALG&Associates

弁護士法人ALG横浜支部の受付
弁護士法人ALG横浜支部の外観

医学博士率いる医療チームが対応
医療事故のご相談は弁護士法人ALGへ

0120-336-709

24時間・年中無休で受付

横浜支部メッセージ

横浜支部長 弁護士 豊田 進士(神奈川県弁護士会 所属)

弁護士法人ALG横浜支部長 弁護士 豊田 進士

弁護士が扱う法分野の中でも医療過誤分野は極めて専門性の高い分野です。

神奈川県は、東京都に隣接する首都圏の一つであり、小さなクリニックから社会的に著名な総合病院に至るまで、大小様々な病院が存在し、我々の健康にとって欠かせないインフラとなっています。
その一方で、病院での手術等を契機として、残念ながら命を落とす患者や、重度の後遺障害が残る患者もいます。

弁護士が扱う法分野は多岐にわたりますが、その中でも、医療過誤分野は極めて専門性の高い分野です。
医学に関する深い知見はもとより、医療裁判の傾向、協力医師との関係構築等、他の分野にはない医療過誤特有の対応が求められるからです。

現在、日本には多くの法律事務所がありますが、求められる専門知識の高さや、患者側での医療裁判の難しさから、医療過誤分野を取り扱っている法律事務所は一部に限られています。特に、患者側については、医療裁判での勝訴率の低さ等から、患者側の医療事故を扱っている法律事務所はごく少数です。さらに、医療事故を扱っている数少ない法律事務所であっても、相続や離婚等の他の分野も扱いながら、その一つとして医療事故を扱っているにとどまるものもあります。

弁護士法人ALGは、法律事務所では非常に珍しい、医療事業部が置かれた弁護士事務所です。所属する弁護士やスタッフは、医療過誤に関する知識・ノウハウの蓄積に日々努めています。

そのような状況の中、弁護士法人ALGは、法律事務所では非常に珍しい、医療過誤・医療事故分野を専門に取り扱う医療事業部が置かれた弁護士事務所です。医療事業部に所属する弁護士やスタッフは、「専門」という言葉にあるとおり、医療過誤のみを専門的に扱っており、医療過誤に関する知識・ノウハウの蓄積に日々努めています。また、所内で勉強会を実施したり、弁護士会の研究部に所属するなど、常に研鑽を怠らず、最新の医療知識を修得するようにしています。

こうした弁護士法人ALGの姿勢は、医療過誤分野におけるスペシャリストの弁護士を養成するものに他なりません。そして、医療事件に精通した弁護士が登場することは、医療機関と対等に渡り合うことは極めて困難な患者にとって、大きな希望になるものと確信しております。医療過誤、医療ミスをはじめ、病院側の対応にお悩みをお持ちの方は、医療事故に強い弁護士法人ALGにご相談ください。

横浜支部の所在地

〒221-0052
神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア15階 1503号室

横浜支部へのアクセス

各線『横浜駅』きた東口より徒歩8分
京急線『神奈川駅』より徒歩7分

医療事故解決相談メニュー