医療事故・医療ミスの法律相談を受ける前に | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

メニュー(タッチして展開)

医療事故・医療ミスの法律相談を受ける前に
(必ずお読みください)

弁護士に相談する前に、やっておくべきこと・やってはいけないこと

患者さんが亡くなられたのは、医者の過失のせいではない、と判断されてしまい、医者の賠償責任が否定されてしまうのです。「弁護士に相談する前に、やっておくべきこと・やってはいけないこと」記事全文>>

医療に強い弁護士の探し方(とても大事なので、しっかりお読みください)

日本においては、医療事故・医療ミスの分野に強い弁護士が非常に少ないというのが残念ながら現状です。「医療に強い弁護士の探し方」記事全文>>

医師免許を持っている弁護士について

医師免許を持っている弁護士の専門の診療科目が何であれ、医学を学んできた人の優位性はあると考えるからです。「医師免許を持っている弁護士について」記事全文>>

他の法律事務所と何がちがうの?

医療チームに専属する弁護士は、所内で実施される「解剖生理学試験」に合格することが義務づけられております。「他の法律事務所と何がちがうの?」記事全文>>

医療事故・医療ミスを扱う弁護士の団体がいろいろあるようだが…?

ポイントは、その団体が弁護士の入会・参加資格を制限しているか否か、その団体の組織規模が大きすぎないか否か。「医療事故・医療ミスを扱う弁護士の団体がいろいろあるようだが…?」記事全文>>

医療事故・医療ミスの種類について

ポイントは診断の遅れです。これは多くの裁判で患者側の弁護士が主張する争点と言えます。「医療事故・医療ミスの種類について」記事全文>>

いつの時点で弁護士に相談するべきか?

医療機関と直接交渉する場合に注意すべき点についても、事前に弁護士からアドバイスを受けることができます。「いつの時点で弁護士に相談するべきか?」記事全文>>

医療法律相談を受ける際にお願いしたいこと

医療法律相談は、一般の法律問題とは大きく異なり、非常に専門性が高い分野です。「医療法律相談を受ける際にお願いしたいこと」記事全文>>

医療法律相談はいくらかかるのか?

医療事件 料金システム「着手金・成功報酬・諸経費等」「医療法律相談はいくらかかるのか?」記事全文>>

協力医とは?

協力や関与の程度については、協力医によってかなりの温度差があります。「協力医とは?」記事全文>>

意見書(私的鑑定意見書)とは

意見書とは、裁判所に提出することを前提として医師により作成された書面です。「意見書(私的鑑定意見書)とは」記事全文>>

因果関係について

意見書とは、裁判所に提出することを前提として医師により作成された書面です。「因果関係について」記事全文>>

医療事故解決相談メニュー