【必読】医療法律相談の流れ | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

メニュー(タッチして展開)

医療法律相談の流れ
(必ずお読みください)

医療法律相談の流れ(必ずお読みください)

STEP1医療過誤相談シートに必要事項をご記入ください。

法律相談をご希望の方は、「医療過誤相談シート」に必要事項を全てご記入(ご入力)のうえ、こちらまでご送信くださいますようお願いいたします。

「医療過誤相談シート」は郵送・FAXでも対応しております。

ご不明な点やご質問はお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。

STEP2医療診断シートが届きますと…

①当事務所に「医療過誤相談シート」が届きますと、専門スタッフからご連絡をさせて頂きます。(不明点など追加で内容をお伺いします)

②ご相談可能な場合、ご相談日の調整を致します。

※弁護士とのご相談は原則平日のみとさせていただいております。

STEP3専門弁護士が徹底検証・調査

追加聴取も含めて、医療専門の担当弁護士は当事務所が誇る850冊超の医療文献を活用して、その症例に関する医学的知見について徹底的に検証・調査を行います。

STEP4レジュメ作成→部長弁護士へ

医療文献を調べた担当弁護士はレジュメを作成し、それを医療事業部の部長弁護士に提出します。

STEP5部長弁護士と担当弁護士でディスカッション!

調査した内容について部長弁護士とディスカッションを行い、必要があれば追加調査も行います。

STEP6そして法律相談当日…

こういった様々な調査の上で、面談での法律相談を行います。

※相談日程の調整やご連絡等に関しましては、専門スタッフからご連絡致します。

当事務所ではこのようにして、担当弁護士が医学文献等での調査を経てから法律相談に対応するため、大変質の高い法律相談を実現できております。

面談での法律相談料は10,000円+800円(税)となります。

以降30分延長毎に5,000円+400円(税)です。

但し、訴訟係属中の事件については、20,000円+1,600円(税)~になります。

※面談以外で法律相談(お電話・メール等)は受け付けておりません。

※質の高い法律相談を提供するため、事前に医療過誤相談シートの記入をお願しています。

医療事故・医療ミスの法律相談を受ける前に

弁護士に相談する前に、やっておくべきこと・やってはいけないこと 医療に強い弁護士の探し方(とても大事なので、しっかりお読みください) 医師免許を持っている弁護士について 他の法律事務所と何がちがうの? 医療事故・医療ミスを扱う弁護士の団体がいろいろあるようだが…? 医療事故・医療ミスの種類について いつの時点で弁護士に相談するべきか? 医療法律相談を受ける際にお願いしたいこと 医療法律相談はいくらかかるのか? 協力医とは? 意見書(私的鑑定意見書)とは 因果関係について 医療法律相談の流れ 医療過誤事件の流れ

医療事故解決相談メニュー