【必読】医療ミスを扱う弁護士の団体 | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

メニュー(タッチして展開)

医療事故・医療ミスを扱う弁護士の団体がいろいろあるようだが…?

医療事故・医療ミスを扱う弁護士の団体がいろいろあるようだが…?

今日、東京に限らず、日本全国に医療問題を取り扱う様々な弁護士の団体が組織されております。

そして、それらの団体ごとに、色々な特色を持っているようです。

その中には、素晴らしい団体もあれば、うたい文句の割には、その団体に所属している弁護士の医療ミス・医療事故に関するキャリア・実績が玉石混淆で、優秀な弁護士が就いてくれれば幸運ですが、そうでないと経験不足の弁護士が担当するなどといったことも起こります。

実際に、そのような団体に法律相談に行ったところ、相談内容に不安を感じて、私どもを訪ねてきた相談者もおります。

また、これらの団体の多くは当番制であり、どの弁護士が相談に応じるかは団体の都合で割り当てられているため、優秀で経験豊富な弁護士に当たるかはまさにクジ運となっているのです。

そこで、そのような団体であるか否かを見極めることが重要となってきますが、そのポイントは、その団体が弁護士の入会・参加資格を制限しているか否か、その団体の組織規模が大きすぎないか否か、ということになります。

これらの団体の中には、参加資格が特に制限されておらず、入会を希望する弁護士であれば基本的に誰でも参加できる、というものがあり、そのような団体であれば当然ですが玉石混淆の団体と言えそうです。

弁護士の中には単に興味本位や好奇心から医療問題を経験してみたいという人が少なくないからです。

医療ミス・医療事故の案件に関する経験や実績が豊富な弁護士であるか否かを厳格にチェックして入会・参加資格を制限している団体のほうが絶対に良いと断言できます。

また、団体の規模が大きすぎるのも実は問題があります。

参加している弁護士人数が多く、組織規模が大きいということは、経験不足な弁護士や単なる好奇心で参加している弁護士も大勢いる可能性が大きいからです。

現時点で自信を持って言えることは、医療ミス・医療事故を真に専門分野として確立している弁護士は、日本全国でも極めて少数派にとどまるという現実です。

しかも、医療ミス・医療事故に強い弁護士がすべて患者側の案件を扱うわけではなく、医療機関側・病院側についている弁護士もたくさんいます。

このような現状を考えると、組織規模が大きすぎる医療事件の団体には、相当多くの初心者が混ざっている可能性が高いのです。

そのような団体に相談する場合には、例えば、「過去の経験件数○○件以上の弁護士を担当者として希望します」などといった制限をもうけて依頼するのがよいでしょう。

医療事故・医療ミスの法律相談を受ける前に

弁護士に相談する前に、やっておくべきこと・やってはいけないこと 医療に強い弁護士の探し方(とても大事なので、しっかりお読みください) 医師免許を持っている弁護士について 他の法律事務所と何がちがうの? 医療事故・医療ミスを扱う弁護士の団体がいろいろあるようだが…? 医療事故・医療ミスの種類について いつの時点で弁護士に相談するべきか? 医療法律相談を受ける際にお願いしたいこと 医療法律相談はいくらかかるのか? 協力医とは? 意見書(私的鑑定意見書)とは 因果関係について 医療法律相談の流れ 医療過誤事件の流れ

医療事故解決相談メニュー