【必読】いつの時点で弁護士に相談 | 医療事故 医療過誤 / 弁護士法人ALG&Associates

メニュー(タッチして展開)

いつの時点で弁護士に相談するべきか?

いつの時点で弁護士に相談するべきか?

早ければ早いほど良いと思います。

理由はいくつかありますが、第1に、早い時点で弁護士に相談していれば、患者さんが医療機関と直接交渉する場合に注意すべき点についても、事前に弁護士からアドバイスを受けることができます。

第2に、医療機関側の態度が硬化する前に、説明会の開催を申し入れ、その際に弁護士からアドバイスを受けたり、ケースにとっては弁護士に同席してもらうこともできます。

第3に、時効の問題があります。

不法行為の消滅時効は3年ですが、裁判にはかなり準備に時間を要するため、あまり時効成立の直前に相談に来られると、弁護士側としては十分な時間がとれなくなってしまいます。

訴訟提起前の医療調査だけで6ヶ月以上かかる場合も少なくありません。

なるべく早めに弁護士に相談するようにしてください。

医療事故・医療ミスの法律相談を受ける前に

弁護士に相談する前に、やっておくべきこと・やってはいけないこと 医療に強い弁護士の探し方(とても大事なので、しっかりお読みください) 医師免許を持っている弁護士について 他の法律事務所と何がちがうの? 医療事故・医療ミスを扱う弁護士の団体がいろいろあるようだが…? 医療事故・医療ミスの種類について いつの時点で弁護士に相談するべきか? 医療法律相談を受ける際にお願いしたいこと 医療法律相談はいくらかかるのか? 協力医とは? 意見書(私的鑑定意見書)とは 因果関係について 医療法律相談の流れ 医療過誤事件の流れ

医療事故解決相談メニュー